女性新入社員は何色のスーツを着るべき?

女性新入社員のスーツの色の選び方は、特に男性と違うところはありません。つまり、暗めのカラーのスーツを選べば問題はありません。

 

ネットで調べると、黒、チャコールグレー、ネイビーなどがいいと書いてあるサイトが多く出てきますが、私的にはチャコールグレーとネイビーは全くその通りですが、黒はあまりおすすめできるとは言えません。

 

なぜなら、ビジネスの場においてのスーツの色選びの常識は、暗めのグレーかネイビーだからです。黒のスーツも決して着てはいけないという訳ではありませんが、社会通念的にビジネスにふさわしいカラーとは認識されておらず、見る人によっては良くない印象を与える可能性もあります。

 

新入社員は、特に一番立場が低いわけですから、そういったマナーの面を大切にするべきですよね。なので、大多数の人が着るスーツの色と同じにした方が無難です。

 

ただ、リクルートスーツはほとんどの人が黒色を選んだでしょうから、そのリクルートスーツをそのまま着るという選択肢もあります。ですが、あくまで黒は日本社会においては冠婚葬祭などの場で着るものだという認識が基本ということは頭に入れておいて下さい。

女性新入社員が転職を考慮する際のコラム

誰もが知っているような成長企業なのであっても、どんなことがあってもずっと大丈夫、そんなことはないのです。だからそこのところについては時間をかけて確認するべきである。
「第一志望の企業に対して、自分自身という素材を、どのくらい堂々とまばゆいものとして見せられるか」という能力を修練しろ、ということが早道となる。
当たり前かもしれないが成長業界の企業には、魅力的なビジネスチャンスがとてもたくさんあるのだ。それゆえ新規事業参入のチャンスもあれば、子会社や関連会社の設立に携わったり、新しい事業やチームをまかされるを担当できる可能性が高くなるのです。
いくら社会人とはいえ、状況に応じた敬語などを使うことができているかというとそうではありません。でも、社会人なのであればただの恥とされるだけなのが、面接の場面で間違った敬語を使うと決定的(面接として不合格)なことが多い。
新卒以外で職を探すのなら、バイトや派遣、なんでもいいので仕事の履歴を作り、そんなに大規模ではない企業をめがけて個人面接を待つというのが、主な逃げ道です。