営業職の女性社員が着るべきスーツの色は?

営業職は社外の人と頻繁に接する職業のため、スーツ選びにも違った視点が求められます。
ただ、これにはただ一つの正解というものはなく、自社の社風や自分の立場、自分の持つ雰囲気、クライアントの社風や考え方、担当者の好み、クライアントとの関係性など、様々な要因でベストの答えは変わってきます。
さらに、正解は一つではなく複数個ある場合もあります。

 

まずこのことを念頭に置いておき、もしもあなたが営業職だからこうじゃないといけないといった考え方を持っていた場合は、取り払ってみて下さい。

 

その上で、どんなスーツがいいのか?色は何がベストか?という事を考えると、女性営業職におすすめなスーツは少しカジュアル目なスーツです。
カラーもグレーやネイビーではなく、淡いピンクベージュなど、女性らしさのあるものを選びましょう。このような少し遊び心のあるスーツ選びをすることにより、デキる営業の女性なんだなというオーラが滲み出て見えるのでおすすめです。
ただ、まだ立場が低かったり、堅い社風の企業で営業をしている場合は、一般的なビジネススーツと同様にダークグレーやネイビーのスーツでしっかりと決める方が無難です。

女性営業社員が今の会社に不満を感じた時に読むコラム

ふつう会社は、全ての労働者に利益の全体を返してはいないのです。給与と評価して本当の仕事(必要労働)自体は、いいところ現実的な労働の半分以下程度だろう。
第二新卒については、「一旦就職したけれどすぐに(3年以内)退職した若者(一般的には30歳程度まで)」を表す言葉なのです。近年では早期に離職してしまう新卒者が増加傾向にあることから、このような呼び名が誕生したと思われます。
人材・職業紹介サービスといった紹介を行う会社では、企業に紹介した人が長く続かず退職してしまうなど失敗があると、企業からも応募者からも評判が下がりますから、企業のメリット及びデメリットを隠さずに知ることができる。
面接試験というものは、あなたがどのような考え方をしているのかを確認する場なので、準備した文章を正確に読むことが必須なのではなく、気持ちを込めて伝えようとする態度が大切だと思います。
第一希望からの内々定でないからといった理由で、内々定の意思確認で考え込むことはありません。就職活動が終わってから、首尾よく内々定をくれた応募先企業の中から選定するようにしてください。