スーツの色に流行はある?2014〜2016の流行をチェック

スーツの色の流行というものは、一般的にはあまり意識することはありません。日本ではスーツはあくまでビジネスの場で着るものであることが大半であるため、流行でがらっと変わるということはありません。

 

ですが、細かくみるとやはりトレンドというものはあります。この記事では、2014年から2016年までのスーツの色のトレンドを振り返ってチェックしてみます。

スーツの流行色は、やはりビジネスの主役であるグレー系だった

2014年のスーツの色のトレンドとしては、グレー系が注目されていました。これは2013年から続く流れで、もはやトレンドというよりも定番に近いかもしれません。
ビジネスの場にはふさわしくないですが、ネイビーではない明るめのブルーも流行色となっていました。

 

2015年から2016年の流行の色も、やはりグレー系が主流。ビジネスシーンでのスーツといえば、どちらかと言うと暗めのカラーが好まれるためチャコールグレーの人気が高いですが、この時期は格式の高さをアピールできるやや明るめのグレーも注目されていました。

 

いくら社会人であっても、状況に応じた敬語を使えている人はむしろ少ないのです。多くの場合、社会人であれば恥と言われるだけなのが、面接の現場では致命的(採用されない)なことが多いのである。
昨今就職内定率がこれまでの数字を超えて過去最悪ということのようですが、そんな環境でもしっかりと内定通知を掴み取っている人が少なからずいるわけです。内定の返事がもらえる人ともらえない人の差はどこだろう。
面接選考で意識していただきたいのは、あなた自身の印象である。長くても数十分程度の面接だけで、あなたの本質はわからない。つまり、採否は面接のときの印象が影響を及ぼしているということです。
満足して作業を進めてほしい、多少でも良い条件を割り振ってあげたい、その人の可能性を向上させてあげたい、もっと成長させてあげたいと会社の側も感じてします。
やってみたい事やなってみたい自分を目標とした商売替えもあれば、勤め先の会社のトラブルや生活状況などの外的な理由によって、仕事を辞めなければならない場合もあるでしょう。

仕事について話す場合に、要領を得ずに「どんなことを考えているか」だけでなく、他に具体的な話を加えてしゃべるようにしてはどうでしょうか。