男のスーツの着こなしで、インナーは何色を着るのが正解?

男性のスーツスタイルで、ワイシャツの下に着るインナーの色は何色が正解なのでしょうか?
とりあえず白色を着ているという人は多いと思いますが、それが基本であることは間違いありません。ですが、それ以外にもインナーとして使える色はあります。また、個人的な考えとしては正解は白ではないとも思っています。
では、インナーに使える色にはどんな色があるのでしょうか?

 

スーツのワイシャツのインナーに大切なことは、透けて見えないこと

ワイシャツの下に着るインナーで大切なことは、透けて見えないことです。
なので、たとえ白色のインナーだとしても、目立つ柄などがあるとワイシャツから透けて見えてしまうのでNGです。
透けて見えないことが大切なのだとしたら、インナーとして使える色は他にも考えられますよね。
代表的なカラーとしては、薄目のグレーやベージュです。

 

上に、個人的には白は正解ではないと思っていると書きましたが、私は薄いベージュのインナーが、スーツスタイルには最も適していると考えています。なぜなら、薄いベージュ程度の色味なら白シャツからも透けて見えませんし、何より胸部分の茶色が透けて見える危険性がなくなるからです。

 

真冬や、ずっとスーツを着ている時なら問題はないのですが、夏などワイシャツのみになる時期や、室内で暖房が効いている時など汗をかくのにスーツのジャケットを脱ぐ可能性のある時など、胸の部分がワイシャツから透けて見える危険性があることから、私は白のインナーは少し躊躇してしまいます。

 

上から透けない色を選べば、インナーには特に正解というものはないですが、こういった事情も考慮すると薄目のベージュはおすすめできる色かなと思います。

 

まず外資系で労働していた人の大かたは、以前同様外資のキャリアを継承する風潮もあります。いうなれば外資から日本企業に就職する人は、希少だということです。
困難な状況に陥っても重視すべきなのは、自らを信じる強い意志です。疑いなく内定されると信念を持って、あなたらしい生涯をパワフルに進むべきです。
売り言葉につい買い言葉という感じで、「こんなところ二度と来るか!」などといった感じで、興奮して離職する人がいるのだが、こんなに世の中が不景気のときに、感情的な退職は自重しなければなりません。
志やゴールの姿をめがけての転業もあれば、勤め先の企業の勝手な都合や住んでいる場所などの外的要素により、転職の必要性が生じるケースもあるかと思います。
上司の決定に不満があるからすぐに辞表。いわば、こうした思考経路を持つ人に臨んで、採用する場合には疑心を持っているのでしょう。