スーツの着こなしをウェブ系企業フロントエンドエンジニアが語る

私はウェブ系企業でコーダーをやっています。服装は比較的自由度が高いですが、やはりスーツを着る機会は多いです。
そんな私にとって、毎日のスーツの着こなしは重要です。やはり限られたリソースでは複数のバリエーションを持っていないと困りますからね。お金もそうですし収納スペースもそうです。スタイリングを決める際に使う労力に関してもそうですね。

 

このサイトでは、私がスーツの着こなしについて知っていることをまとめ、限られたリソースの中で最善のスタイリングが行えるようなお手伝いをしたいと思っています。

スーツの色と着こなし方について

グレースーツの着こなし方

新入社員が入社式で着るのはアリ?

ナシと考えた方が無難です。一般的に、入社式は紺色のスーツがマナーとされています。

卒園式で着るのは?

卒園式のスーツはネイビースーツが多いですが、グレースーツも人気があります。
お祝い事にふさわしい色合いのネイビーですが、グレースーツにすることにより、しっかり感と華やかさの両方を演出することができます。

結婚式の披露宴で着る

結婚式のスーツといえば黒の無地が基本ですが、目立たない色合いならOK。なのでグレースーツは十分許容範囲内です。
着こなしは悪目立ちしないように上品にまとめ、あくまで清潔感のある着こなしを心掛けましょう。

就活の面接時に着るのはアリ?

これはアリともナシとも言えますし、どちらでもないとも言えます。
アパレルや外資、風通しの良いベンチャー、個を尊重する商社などでは他とは違う個性をアピールできるとして、面接官からも好印象を持たれる可能性が高いと言われています。

 

一方で、金融や歴史の長い大企業、お堅い業界、製造業などの面接では無難な方が好印象を持たれるため、グレースーツは避けて黒やネイビーで面接を受けるべきと言われています。

 

ですが、これらは一概に言えるものではありません。
その企業ごとに違いますし、もっと言うと面接官ごとに受ける印象は違うはずです。なので、アリかナシかの二元論で論じることは難しいです。
そもそも、スーツの色なんてどうでもいいと思っている面接官もかなりいるでしょうしね。

 

ただ、無難に平均点以上を狙っていくなら、ネイビースーツがいいと思います。

ネクタイはどうする?

グレースーツは比較的、どんな色のネクタイとも馴染みやすく相性がいいので、個性的な色や柄のネクタイも合わせやすいです。
ネクタイの合わせはスーツの色合いだけではなく、当然シャツの色合いも考慮しなければいけませんが、おすすめは白の無地のシャツに赤系統(ワイン・ボルドーなど)のネクタイを合わせること。レジメンタルなんかもバッチリおしゃれに決まります。

黒スーツの着こなし方

ベルトはどんなものを合わせる?色や素材は?

基本は、ベルトと靴の色は合わせるほうが良いとされています。黒スーツと合わせる場合は、ベルトも黒にするのが無難と言えるでしょう。他には、濃いめの茶色も黒スーツに合わせやすい色と言えます。
素材は、本革が最も上品で黒スーツの雰囲気と合いやすいですし、靴の素材とも合わせやすく統一感が出やすいためおすすめです。

靴はどんなものを合わせる?色や素材、形は?

ベルトのところにも書いたように、まず基本は靴とベルトの色は合わせることです。黒いスーツに合わせる色はやはり黒が最も無難です。茶系の靴もいいですが、あまり明るすぎる色よりもダークブラウン程度の色目の方が馴染みやすいでしょう。

 

素材は本革のスムースレザーが何にでも合わせやすいです。エナメルレザーは全体をモノトーンで固めるなど狙ってスタイリングしないと浮いてしまう難しい素材ですし、スウェードレザーは起毛感だけが目立たないように他の部分でも暖かみのある素材使いをしないと馴染みませんので、使い回しという点ではしづらいです。

ネクタイは何色を合わせる?

黒のスーツのネクタイは、グレースーツよりも合う色は限られます。また、難易度の高い着こなしになってしまう可能性も高いです。

 

例えば黒のナロータイを合わせて全身モノトーンできめるのはクールですが、前提として細身の体系がないとかっこ良く見えません。
グレータイを合わせるのもいいですが、こちらの場合は色味の少なさ・コントラストの弱さから退屈なスタイリングに見えてしまいがちです。

 

そこで無難な選び方ですが、色というよりは柄を効果的に使うのがおすすめです。ドットやストライプ、チェック柄を入れることで、Vゾーンに華やかさを持たせることができます。ベースカラーははモノトーンにしておけば大きな失敗はないですが、明るめの色でも小物使いで馴染ませることができます。

結婚式で着る

結婚式に黒の無地のスーツを着るというのは、実は日本独自の礼服文化なんだとか。世界的には結婚式に黒スーツというのは珍しく、特にスーツ文化が根強くドレスコードに厳しいイギリスではグレースーツが一般的です。
ですが、あくまでも日本で結婚式に出席するのですから、こういった事情があったとしても、そこは周りと合わせるのがベスト。なので、一般的な着こなしである黒スーツとシルバー系ネクタイで出席するようにしましょう。あくまでも周りと調和するべき場なので、当然、派手ながらのシャツやネクタイはNGです。

ビジネスの場で着るのはどうか

ビジネスの場で黒スーツを着る事が、実は基本的にはNGとされています。どちらかというと、黒スーツは冠婚葬祭の場に着るものとされています。
黒いスーツでも、冠婚葬祭の場で着るような無地のスーツではなく、折柄やストライプなどが入っていれば、ビジネスの場でも着ていても問題はありません。
ちなみに、ビジネスの場ではネイビーやグレーのスーツが一般的には着られます。

就活のリクルートスーツとして、面接での印象は?

リクルートスーツでは、黒いスーツを選ぶのが最も良い選択です。なぜなら、他の色と比較したときに最もリスクが低くなるから。

 

就活の場では、現在では黒のスーツを着ている就活生が9割を超えています。そのため、いくらビジネススーツとして一般的なネイビーやダークグレーのスーツを着ていたとしても、周りと違うということだけで目立ってしまいます。
周りと違うということは、良くも悪くも注目されてしまうということ。しかも、本質とは違った場所で注目されるということになります。

 

服装ごときで何も評価など変わるはずがないというのもひとつの考え方ですが、その程度のことすら周りと一緒にできないと考える企業や面接官がいたとしても何もおかしくはありません。なので、周りと一緒にすることで周りと溶け込み、目立たなくしてリスクを極限まで下げることがベストな選択肢であると言わざるを得ません。

入園式で着る

入園式で黒のスーツを着ても全く問題ありません。イメージとして、入園の時は明るい色を、卒園の時は黒など暗い色を、といった感じがありますが、そういったルールは特にありません。
むしろ黒スーツはパーティー時に着るしっかりとしたイメージのスーツということもあり、入園式のような祝い事には向いていると考えることもできます。

 

園ごとに服装の傾向は色々と違うでしょうが、多数派は明るめの色のスーツではあると思います。ですが、黒いスーツでの出席はおかしなことではないですし、出席者もいくらでもいます。

スーツの着こなしのバリエーションを増やすには、やはり最低限の数は必要

ここまでベーシックなカラーのスーツについての様々な着こなしについて記載してきましたが、スーツの着こなしを増やすに当たって、やはり最低限の数のスーツやワイシャツといった周辺のアイテムは揃えておきたいところです。

 

たまにしか着ないのであれば、そこまで色々と数は必要ではないですが、仕事で毎日着るようになれば、一週間分のスーツは欲しいですね。最低でも5着は欲しいところです。

 

その際に選ぶ色ですが、ビジネスシーンを一番に考えるのであれば、何度も言いますがやはりネイビーやグレー系のスーツと中心に揃えるべきです。サブとして、冠婚葬祭に使える黒系スーツも1,2着持っておくといいでしょう。
ワイシャツやネクタイは、スーツほどの値段はしない分、少し多めに揃えるのがいいです。大胆に色をさせる部分でもありますので、スーツの倍ぐらい持っていても問題ないでしょう。

 

その他、ベルトや靴、カバン、靴下、マフラーなどは、使い回しやすいものを中心に、数は揃える必要なないでしょう。靴下ぐらいはたくさん持っていてもいいですけどね。消耗品ですし。

 

これだけの数を揃えようと思ったら、やはり値段は気になりますよね。スーツを5着買うとして、普通に考えたら10万円以上はする計算になります。ここにワイシャツやネクタイを購入する金額を入れたら、15万円以上になり、なかなか手痛い出費と言えるのではないでしょうか?

 

そこで利用したいのが格安スーツショップです。私自身もよく利用しています。
格安スーツショップといっても色々とあって、まず思い浮かぶのはイオンや西友などの大手ショッピングセンター内のスーツコーナーでしょうか。これら大手小売業が製造しているスーツですが、値段は安いものなら1着1万円前後で購入する事ができるので、就活生を中心としてかなり売れているようですね。

 

ただ、やはり安いので、見た目にかなり安っぽさが感じられるのが難点です。社会人としてスーツを着る年代になると、周りの目や取引先の目があるので、あまり安すぎるものを着るのも考えものだったりもします。
他に格安スーツショップと言われて思い浮かぶものといえば、ツープライススーツ系のブランドショップですよね。オンリーやPSFA、スーツカンパニーといったブランドのことです。

 

基本的に2種類の値段でスーツを販売しているためツープライススーツと呼ばれているわけですけど、今や様々な価格帯のスーツを販売するようになり、低価格〜高級商品まで取り扱うようになっていて、ビジネスパーソンにはおなじみとなっています。

 

低価格なものを選ぶと、だいたい2万円前後から購入することができますし、見た目や素材感も価格以上のものがあります。シルエットも細身やガッチリ体系用など、その人の体型に合わせて細かく選ぶことができるようになっているので、誰が購入しても満足ができるシステムになっています。

 

私自身も、このツープライス系のブランドでスーツを買うことがほとんどです。値段に対してスーツの出来がとてもいいので、コスパの面で言うと一番優れているからです。

 

そこで、このツープライススーツ系ショップでの購入が一番のおすすめなのですが、購入方法によってもオトクさはかなり変わってしまうのがポイントです。普通にツープライスショップの店頭でスーツを買うのもいいですが、それだと基本は定価で買うことになるので、一着2万円ほどは支払う必要がありますよね。

 

スーツ購入で一番おすすめの方法は、ツープライススーツブランドのネット通販のアウトレット

そこで、スーツ購入が上手な人はどうやっているのか?というと、ネット通販を使うんですよね。これらのツープライススーツショップの公式サイトから通販で購入するんです。

 

それがなんでオトクなのか?という事ですけど、それはアウトレット商品をいつでも販売しているからなんです。このアウトレット商品ですが、モノによっては70%以上オフになっているものもあるので、1万円以下で買うこともできるんです。しかもこれは珍しい事ではなくて、だいたいいつアクセスしても1万円以下のスーツや1万円前後のスーツはたくさん売られています。

 

しかもアウトレットだからと言ってサイズがなかったり、変な見た目の商品だったりすることは全然なく、むしろ今でも店頭で売られているスーツが、ネットでは安く買えるというようなことだってあります。

 

なので、スーツ購入に慣れているような買い物上手な人は、たいていネットで購入します。近くに店舗がある場合でもネットで購入した方がオトクですからね。私自身も試着だけは店舗でしてみて、同じものをネットで買うというワザを使ったりもします。

 

スーツを安く買えるブランドについては、ものすごく安くて質はそこそこでいいのか、値段はちょっと安い程度だけど質がいいのか、質がかなりいいため普段はわりと値段が高いけどアウトレット品はすごく安くなるのか、というような特徴が各ブランドごとにあります。

 

こういった各ブランドごとの違いに関してはパッと見分けることは難しく、しっかりと調べないと分からないので、丁寧に情報を調べてまとめ上げている比較・ランキングサイトを参考にすることをおすすめします。
私自身が色々と調べた結果、以下のサイトが最もしっかりとした情報を掲載しており、信頼できます。
スーツが安い店のおすすめはココ!通販で失敗しない選び方教えます

 

このサイトにもあるように、PSFAはいつでもかなり安くてシルエットも現代的でおすすめできます。とにかくはじめのうちは数を揃えたいので、PSFAだけに絞って色々と買ってみるのもいいですね。

 

スーツがある程度揃ってきて、色々と遊びのあるスーツや素材にこだわったスーツが欲しいな、と思った時には、スーツカンパニーやネクストブルーが特に役立つと思います。

 

特にネクストブルーのアウトレットコーナーは私自身もしょっちゅう覗いていて、この前も自転車通勤用の機能性素材でできたスーツを購入したところです。出張の時に役立つ折りたためるスーツや、家で洗えるウォッシャブルスーツなど、機能性に優れたスーツが多いので、実際にスーツを酷使する年代の人には特におすすめのショップですね。私と同じ30代の人には特にチェックしてもらいたいブランドです。

面接という場面は、就職希望者がどんなタイプの人なのかを見抜こうとしている場ですので、練習したとおりに喋ることが重要なのではなく、気持ちを込めてアピールすることが大事なのです。勤務したい会社はどんな会社?と聞かれても、答えがうまく出ないけれど、今の職場への不満については、「自分に対する評価が低い」と思っている方がわんさといると報告されています。会社ガイダンスから加わって、一般常識などの筆記試験や度々の面接や順番を踏んでいきますが、こういったことの他にインターンや同じ学校の卒業生の話を聞いたり、リクルーター面接といった方式もあります。実は退職金については、言うなれば自己都合による退職のときは会社の退職金規程によって違うけれど、もちろん会社都合の場合ほどは受け取ることができませんので、先に再就職先を決定してから退職するべきなのです。さしあたり外国資本の企業で労働していた人の大多数は、そのまま外資の職歴を維持する色合いが強いです。結局外資から日本企業に戻って就職する人は、稀有だということです。「心底から腹を割って言えば、仕事を変えることを決心した要素は給与のせいです。」こんな事例も聞きます。とある外国籍産業の営業関係の30代男性の方の場合のお話です。確かに、就職活動は、面接を受けるのはエントリーした自分です。試験を受けるのも本人です。けれども、場合によっては、友人や知人の意見を聞くのもいいと思われる。「自分が好きな事ならどれだけ辛くても辛抱できる」とか、「自分自身を伸ばすために振り切って過酷な仕事を選択する」という例、いくらも耳に入ります。「希望する会社に向かって、あなた自身という人的資源を、どれほどりりしくすばらしく提示できるか」といった力を向上させろ、ということが重要だ。新卒でない人は、「採用OKが出そうで、仕事の経験も蓄えられそうな会社」なら、如何にしても就社しましょう。零細企業でも気にしないでいいのです。職務上の「実体験」と「キャリア」を蓄積できればそれで大丈夫です。面接というようなものには絶対的な正解がないわけで、どこが良くてどこが拙かったのかという基準は会社ごとに、同じ応募先でも担当者が交代すれば違ってくるのが今の姿です。第二新卒という最近よく聞くことばは、「新卒で就職したけれどすぐに(3年以内)退職した若者」のことを指し示します。昨今は早期に離職する若年者が目立つようになったため、このような表現が出現したと言えます。頻繁に面接の際の助言で、「心から自分の言葉で話すように。」との言葉を耳にします。けれども、自分の心からの言葉で会話することの含意が通じないのです。新卒ではなくて就職したいなら、アルバイト、派遣でいいから「職歴」を蓄えて、中堅企業を目指して面談を希望するというのが、主な早道なのです。昨今就職内定率が悪化し過去最悪らしい。そんな環境でも採用の返事を手にしているという人がいる。では、内定の返事がもらえる人ともらえない人の決定的な相違点はいったいなんだろうか。